2015年01月21日 お知らせ

近畿・東海・北陸地区決勝大会結果発表

♥近畿・東海・北陸地区決勝大会結果発表!

 

近畿hpタイトル

 

 

近畿hpトップ

 


 

「米粉の名人」料理グランプリ2014-第2回全国米粉料理コンテストの近畿・東海・北陸地区決勝大会(主催=NPO法人国内産米粉促進ネットワーク)が1月17日、大阪市の大阪ガス ハグミュージアムで開かれました。グランプリには玉田真裕さん(52)の「レモン塩糀の鍋焼きシフォン」が選ばれました。同作品のレシピは、金沢の輪島塗の金粉、そして開通される北陸新幹線のカラーデザインを取り入れた斬新なアイディアが評価されました。


近畿hp開会式他

近畿hp調理風景大

 

同料理グランプリの地区決勝大会は、全国6ブロックのうち、12月13日の関東・甲信越地区決勝大会に次いで開かれました。近畿・東海・北陸地区2府11県から応募があった139点のうち1次、2次の書類審査を通過した「主食」6点、「主菜・副菜」6点、「デザート」6点の3部門18点で出場者が調理し、試食した審査委員に作品をアピールして競いました。

その結果、玉田真裕さんの作品がグランプリ、準グランプリには、愛知県の金田桃子さん(18)の「米粉ニョッキのミネストローネ」、兵庫県の北村由佳さん(16)の「具だくさん野菜天」が選ばれました。これら3点が来年3月8日に東京・中央区の「製粉会館」で開かれる全国決勝大会に、進出することになりました。


近畿hp試食審査他

審査委員長の松村智明氏は、審査講評で「皆さんの作品の水準の高さと、レシピの更なる工夫で料理がより引き立つ部分があります。」と、評価し「(出場者の)皆さんの料理の創意工夫のもと、更なるレシピを期待いたします」と、米粉活用の広がりに期待を込めていました。


近畿hp表彰式他

なお、グランプリ、準グランプリ以外の表彰作品は下記の通りです(敬称略)。

○優秀賞・外食向け=橋口里美(兵庫県)「米粉とトマトのシフォンタルト」

○優秀賞・給食向け=森川さおり(福井県)「切干大根で米粉大根もち」

○優秀賞・家庭向け=丸山敦子(三重県)「サクサク 米 カンパン」

○特別賞・「食物アレルギー対応」=伊東知恵子(静岡県)「彩り米粉のごぼうポタージュ」

○特別賞・学生の部=小森享弥(石川県)「米粉ポン菓子さんど」

 

審査委員名と来賓挨拶者名 (敬称略、審査委員は五十音順、来賓は挨拶順)

近畿hp審査委員表組

 

 

 

近畿hp作品展示大

 


近畿hp記念写真1

 

 

 

近畿hp記念写真2

 


 (敬称略)

近畿hpレシピ1

近畿hpレシピ2

近畿hpレシピ3

近畿hpレシピ4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             

一覧へ