米粉の素材としての特性と利用

1.はじめに

 昨今の世界の食糧事情は大きく変化しており、地球温暖化による異常気象で穀物の出来高に大きな不安がある一方で「穀物起源のバイオ燃料の活用」によって穀物資源を食糧・飼料業界とエネルギー産業が奪い合うという現象を引き起こしている。また、人口大国の経済発展に伴う食糧需要の増加もあってわが国の食糧の安定供給を脅かす事態となっている。
 一方、わが国の食糧事情はというと食糧自給率は年々減少しており、我々が口にする食品に関してはほとんどが輸入に頼っているのが現状である。
 このような状態の中、新規米粉を使った食糧自給率向上が叫ばれてはや10数年、当時は地産地消の国産米粉を使った米粉パンを学校給食に導入しようという動きから始まり、当社も新潟で始まった新規米粉・米粉パンの開発に携わらせていただき、まだ米粉食品がほとんど知られていない時から各社と共に米粉食品の普及活動を行ってきた。その結果、今では様々な地域で米粉パンが導入され、広く米粉パンが認知されるようになってきた。また、米粉パン以外にもロールケーキやシフォンケーキ、米粉麺などの米粉食品も徐々に普及し、その姿を見るようになってきた。消費者の米粉食品に対する認知度が上がってきており、流通業界も米粉食品に対する関心が高まっていることから、今後ますます米粉食品は普及してくるのではないかと考えられる。

2.お米の麺の開発

 昨今の世界の食糧事情は大きく変化しており、地球温暖化による異常気象で穀物の出来高に大きな不安がある一方で「穀物起源のバイオ燃料の活用」によって穀物資源を食糧・飼料業界とエネルギー産業が奪い合うという現象を引き起こしている。また、人口大国の経済発展に伴う食糧需要の増加もあってわが国の食糧の安定供給を脅かす事態となっている。
 一方、わが国の食糧事情はというと食糧自給率は年々減少しており、我々が口にする食品に関してはほとんどが輸入に頼っているのが現状である。
 このような状態の中、新規米粉を使った食糧自給率向上が叫ばれてはや10数年、当時は地産地消の国産米粉を使った米粉パンを学校給食に導入しようという動きから始まり、当社も新潟で始まった新規米粉・米粉パンの開発に携わらせていただき、まだ米粉食品がほとんど知られていない時から各社と共に米粉食品の普及活動を行ってきた。その結果、今では様々な地域で米粉パンが導入され、広く米粉パンが認知されるようになってきた。また、米粉パン以外にもロールケーキやシフォンケーキ、米粉麺などの米粉食品も徐々に普及し、その姿を見るようになってきた。消費者の米粉食品に対する認知度が上がってきており、流通業界も米粉食品に対する関心が高まっていることから、今後ますます米粉食品は普及してくるのではないかと考えられる。

3.様々な食品への米粉の利用

 昨今の世界の食糧事情は大きく変化しており、地球温暖化による異常気象で穀物の出来高に大きな不安がある一方で「穀物起源のバイオ燃料の活用」によって穀物資源を食糧・飼料業界とエネルギー産業が奪い合うという現象を引き起こしている。また、人口大国の経済発展に伴う食糧需要の増加もあってわが国の食糧の安定供給を脅かす事態となっている。
 一方、わが国の食糧事情はというと食糧自給率は年々減少しており、我々が口にする食品に関してはほとんどが輸入に頼っているのが現状である。
 このような状態の中、新規米粉を使った食糧自給率向上が叫ばれてはや10数年、当時は地産地消の国産米粉を使った米粉パンを学校給食に導入しようという動きから始まり、当社も新潟で始まった新規米粉・米粉パンの開発に携わらせていただき、まだ米粉食品がほとんど知られていない時から各社と共に米粉食品の普及活動を行ってきた。その結果、今では様々な地域で米粉パンが導入され、広く米粉パンが認知されるようになってきた。また、米粉パン以外にもロールケーキやシフォンケーキ、米粉麺などの米粉食品も徐々に普及し、その姿を見るようになってきた。消費者の米粉食品に対する認知度が上がってきており、流通業界も米粉食品に対する関心が高まっていることから、今後ますます米粉食品は普及してくるのではないかと考えられる。

4.米粉利用食品の例

 昨今の世界の食糧事情は大きく変化しており、地球温暖化による異常気象で穀物の出来高に大きな不安がある一方で「穀物起源のバイオ燃料の活用」によって穀物資源を食糧・飼料業界とエネルギー産業が奪い合うという現象を引き起こしている。また、人口大国の経済発展に伴う食糧需要の増加もあってわが国の食糧の安定供給を脅かす事態となっている。
 一方、わが国の食糧事情はというと食糧自給率は年々減少しており、我々が口にする食品に関してはほとんどが輸入に頼っているのが現状である。
 このような状態の中、新規米粉を使った食糧自給率向上が叫ばれてはや10数年、当時は地産地消の国産米粉を使った米粉パンを学校給食に導入しようという動きから始まり、当社も新潟で始まった新規米粉・米粉パンの開発に携わらせていただき、まだ米粉食品がほとんど知られていない時から各社と共に米粉食品の普及活動を行ってきた。その結果、今では様々な地域で米粉パンが導入され、広く米粉パンが認知されるようになってきた。また、米粉パン以外にもロールケーキやシフォンケーキ、米粉麺などの米粉食品も徐々に普及し、その姿を見るようになってきた。消費者の米粉食品に対する認知度が上がってきており、流通業界も米粉食品に対する関心が高まっていることから、今後ますます米粉食品は普及してくるのではないかと考えられる。

5.おわりに

 昨今の世界の食糧事情は大きく変化しており、地球温暖化による異常気象で穀物の出来高に大きな不安がある一方で「穀物起源のバイオ燃料の活用」によって穀物資源を食糧・飼料業界とエネルギー産業が奪い合うという現象を引き起こしている。また、人口大国の経済発展に伴う食糧需要の増加もあってわが国の食糧の安定供給を脅かす事態となっている。
 一方、わが国の食糧事情はというと食糧自給率は年々減少しており、我々が口にする食品に関してはほとんどが輸入に頼っているのが現状である。
 このような状態の中、新規米粉を使った食糧自給率向上が叫ばれてはや10数年、当時は地産地消の国産米粉を使った米粉パンを学校給食に導入しようという動きから始まり、当社も新潟で始まった新規米粉・米粉パンの開発に携わらせていただき、まだ米粉食品がほとんど知られていない時から各社と共に米粉食品の普及活動を行ってきた。その結果、今では様々な地域で米粉パンが導入され、広く米粉パンが認知されるようになってきた。また、米粉パン以外にもロールケーキやシフォンケーキ、米粉麺などの米粉食品も徐々に普及し、その姿を見るようになってきた。消費者の米粉食品に対する認知度が上がってきており、流通業界も米粉食品に対する関心が高まっていることから、今後ますます米粉食品は普及してくるのではないかと考えられる。