加工組合さくらの成り立ち

平成17年4月、平成の大合併により松本市としてスタートした梓川は長野県中西部に位置し、上高地から流れる梓川の左岸にあり、扇状地の一角を形成し、田園風景の美しい安曇野の南玄関口にあたります。標高は600~700mで扇状地の上段は果樹を中心に畑地帯が広がり、下段は昔から水稲栽培が盛んな地域です。しかし現在は、水田の減反が目立ち日本の食文化の主食であったはずの米の自給も減り、ここ梓川も宅地への団地化が進み水田面積は減少傾向にあります。まずは、「加工組合さくら」の原型の紹介をします。平成5年、当時の梓川村に農産加工による転作作物等の有効活用・自給向上を目的に農産物処理加工施設「味来せんたあ」がオープン、そこを拠点に私達は平成11年に「梓川村農産物加工品開発研究会」(梓川村加工研究会)を発足しました。

平成13年、はじめて米粉派パンに取り組む

平成17年4月、平成の大合併により松本市としてスタートした梓川は長野県中西部に位置し、上高地から流れる梓川の左岸にあり、扇状地の一角を形成し、田園風景の美しい安曇野の南玄関口にあたります。標高は600~700mで扇状地の上段は果樹を中心に畑地帯が広がり、下段は昔から水稲栽培が盛んな地域です。しかし現在は、水田の減反が目立ち日本の食文化の主食であったはずの米の自給も減り、ここ梓川も宅地への団地化が進み水田面積は減少傾向にあります。まずは、「加工組合さくら」の原型の紹介をします。平成5年、当時の梓川村に農産加工による転作作物等の有効活用・自給向上を目的に農産物処理加工施設「味来せんたあ」がオープン、そこを拠点に私達は平成11年に「梓川村農産物加工品開発研究会」(梓川村加工研究会)を発足しました。

米粉みそパンが長野県知事賞を受賞

平成17年4月、平成の大合併により松本市としてスタートした梓川は長野県中西部に位置し、上高地から流れる梓川の左岸にあり、扇状地の一角を形成し、田園風景の美しい安曇野の南玄関口にあたります。標高は600~700mで扇状地の上段は果樹を中心に畑地帯が広がり、下段は昔から水稲栽培が盛んな地域です。しかし現在は、水田の減反が目立ち日本の食文化の主食であったはずの米の自給も減り、ここ梓川も宅地への団地化が進み水田面積は減少傾向にあります。まずは、「加工組合さくら」の原型の紹介をします。平成5年、当時の梓川村に農産加工による転作作物等の有効活用・自給向上を目的に農産物処理加工施設「味来せんたあ」がオープン、そこを拠点に私達は平成11年に「梓川村農産物加工品開発研究会」(梓川村加工研究会)を発足しました。

人気の米粉パンと受賞作品の紹介

平成17年4月、平成の大合併により松本市としてスタートした梓川は長野県中西部に位置し、上高地から流れる梓川の左岸にあり、扇状地の一角を形成し、田園風景の美しい安曇野の南玄関口にあたります。標高は600~700mで扇状地の上段は果樹を中心に畑地帯が広がり、下段は昔から水稲栽培が盛んな地域です。しかし現在は、水田の減反が目立ち日本の食文化の主食であったはずの米の自給も減り、ここ梓川も宅地への団地化が進み水田面積は減少傾向にあります。まずは、「加工組合さくら」の原型の紹介をします。平成5年、当時の梓川村に農産加工による転作作物等の有効活用・自給向上を目的に農産物処理加工施設「味来せんたあ」がオープン、そこを拠点に私達は平成11年に「梓川村農産物加工品開発研究会」(梓川村加工研究会)を発足しました。

米粉に寄せる私たちの思い

平成17年4月、平成の大合併により松本市としてスタートした梓川は長野県中西部に位置し、上高地から流れる梓川の左岸にあり、扇状地の一角を形成し、田園風景の美しい安曇野の南玄関口にあたります。標高は600~700mで扇状地の上段は果樹を中心に畑地帯が広がり、下段は昔から水稲栽培が盛んな地域です。しかし現在は、水田の減反が目立ち日本の食文化の主食であったはずの米の自給も減り、ここ梓川も宅地への団地化が進み水田面積は減少傾向にあります。まずは、「加工組合さくら」の原型の紹介をします。平成5年、当時の梓川村に農産加工による転作作物等の有効活用・自給向上を目的に農産物処理加工施設「味来せんたあ」がオープン、そこを拠点に私達は平成11年に「梓川村農産物加工品開発研究会」(梓川村加工研究会)を発足しました。

 

一覧へ