2015年11月17日 お知らせ

第3回米粉料理コンテスト近畿・東海・北陸地区決勝大会結果

第3回近畿HP用タイトル

 

第3回近畿ニチエイ他トップHP用

 

 


 

第3回全国米粉料理コンテストー「米粉の名人」料理グランプリ2015の近畿・東海・北陸地区決勝大会が11月14日、名古屋市のニチエイ調理専門学校で開かれ、石川県珠洲市の坂瀬孝子さん(62)が調理した「もちもちパンプキングバーグ」が、グランプリに輝きました。主催は、NPO法人国内産米粉促進ネットワーク(島田圭一郎理事長)。

今年度の同料理グランプリは、全国5ブロックで地区決勝大会を開くことにしており、近畿・東海・北陸地区は最初の決勝大会でした。同地区からは、主食部門72点、主菜・副菜部門50点、デザート部門132点と昨年度を115点上回る計254点もの応募がありました。この中から書類審査を通過した「主食」5点、「主菜・副菜」5点、「デザート」5点の3部門15点で、選抜者が自ら調理し、審査員にアピールし競いました。


第3回近畿出場者控室他HP用

 

第3回近畿調理実技風景HP用

 

第3回近畿調理実技出場者HP用

 

第3回近畿試食審査改定HP用

 

第3回近畿書食部門審査改定HP用

 

第3回近畿主菜部門改定HP用

 

第3回近畿デザート部門試食審査HP用

 

 

 

第3回近畿作品陳列HP用

 


 

その結果、坂瀬さんの作品がグランプリ、準グランプリには、兵庫県姫路市の中山敏也さん(53)の「超ビ米粉100%パンで鱧寿し風」、石川県金沢市の橋本登志子さん(58)の「しっとり黒米シフォンケーキ」が選ばれました。これら3点が来年3月5日に東京・中央区の「製粉会館」で開かれる全国決勝大会に、進出することになりました。

 


 

第3回近畿安村挨拶他HP用

 


審査員の講評では、長田絢氏からは「郷土愛、家族愛と愛情のこもったレシピが多かったのが印象的だった」、丹羽なほ子氏からは「地元の食材を使って自分なりにアピールしていることに感動した」と、率直な印象を披露。審査委員長の反町政広氏からは「技術、プレゼン、味などトータルにわたって厳選に評価した。作品には、皆さんの料理に対する色々な思いが詰まっていた。この地区から選ばれた3人には、必ず全国でも優勝するとの気概で頑張ってほしい」と、エールが送られていました。

なお、グランプリ、準グランプリ以外の表彰作品は下記の通りです(敬称略)。

○優秀賞・外食向け=遠山智子(岐阜県)「米粉の黒糖かりんとう」

○優秀賞・給食向け=藤原ゆみ江(兵庫県)「紫の恵み◎米粉のカップケーキ」

○優秀賞・家庭向け=森川さおり(福井県)「さっくさくのやみつきガレット」

○特別賞・地元産品活用の部=相川祐菜/石田文乃(兵庫県)「篠山ししまん」

特別賞「食物アレルギー対応」の該当作品はありませんでした。

第3回近畿審査員他表組みHP用

 


 

第3回近畿優秀賞授与他HP用

 

 

第3回近畿長田挨拶他HP用

 

第3回近畿表彰式撮影HP用

 

敬称略

第3回近畿グランプリ他レシピHP用

第3回近畿特別賞レシピ他HP用

第3回近畿敢闘賞改定HP用

             

一覧へ