秋晴れの日に「土と平和の祭典」で米粉をPR

10月16日の日曜日、前日までの雨も早朝にはやみ、「大地に感謝する収穫祭」として「土と平和の祭典」が日比谷公園にて今年も盛大に開かれました。この祭典は、歌手の加藤登紀子さんが世話人代表をつとめる種まき大作戦が主催し開催されたものです。 今回も昨年に続き、CAP.Nの会員団体である労協(ワーカーズコープ)や農都共生全国協議会などの皆さんと一緒に参加をしました。米粉と菜種油を使った天ぷらと神奈川のメンバーが準備した揚げパンなどを試食していいただくなどをメインにPR活動を行いました。また、米粉パンや米粉の販売なども行いました。揚げパン作りでは、事前に米粉生地づくりを行うなど昨年にはない作業も行いながらのPRとなりました。 今年は、東日本大震災などを受け、「みんなの力を集めてトウホクの農家さんフクシマの子供たちを支援しよう!」との呼びかけのもと、盛大に開催されました。

 

一覧へ